【公開試験自粛】TOEFL iBT自宅受験の登録方法を丁寧に解説

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

この記事が役立つ人

  • 自粛期間に外国語試験のスコアが必要な人
  • ETSアカウントの登録方法が分からない人
  • TOEFL IBT special home edition の申し込み方法が分からない人

各種英語試験の中止

 連日感染症流行による自粛期間で、TOEIC, TOEFL, IELTSといった、各種外国語試験のスケジュールが変更されている状況ですね。上記3つの情報はこのリンクから閲覧できます。

TOEIC

公開テスト実施における新型コロナウイルス対応について|インフォメーション|IIBC

TOEFL

TOEFLテストー国際基準の英語能力測定試験 | TOEFLテスト日本事務局(CIEE Japan)
TOEFLテスト日本事務局(CIEE Japan)が運営する、TOEFLテストの情報を掲載したサイトです。受験者の方だけでなく、団体・教職員の方々にも有益な情報をご提供します。

IELTS

IELTS(アイエルツ)公式テストセンター | 公益財団法人 日本英語検定協会
IELTS(アイエルツ)の公式テストセンターのウェブサイトです。安心と実績の日本英語検定協会が運営する公式IELTS(アイエルツ)は、アメリカ・イギリスを含む世界140ヶ国10000機関が認定する海外留学や海外移住に最適な英語能力判定テストです。ここではテストの特徴や種類、お申し込み方法など、IELTS(アイエルツ)の...

TOEFL IBT Special Home Edition

留学や試験でこれらの公式スコアが必要な方々は今困っていることでしょう。しかし、まるでそこに一筋の光がさすように、このご時世でも受験が可能な英語試験があるのをご存じですか?

TOEFL iBT Home Edition
TOEFL at home, TOEFL home edition, TOEFL ibt home edition, take TOEFL at home, TOEFL remote proctoring, TOEFL online proctoring, TOEFL at home testing

『TOEFL IBT Special Home Edition』という、自宅にいながらTOEFL IBTを受験できるプログラムです。これなら、試験会場の『密』な状態を避けられますね。

それでは、さっそく受験の申し込みの流れを解説していきます。記事では単純に項目を並べるのではなく、特に重要な点を丁寧に解説する予定です。

すでにETS(TOEFLの運営機関)アカウントを持っている方は、在宅受験環境をチェックという章から読み始めてください。(次ページ)

ETSアカウントを作成

公式ページにアクセス

 まず、下記のアカウントを登録する公式ページにアクセスします。

Sign In for Test Takers
新しい利用者

ページ右下の新しい利用者の、作成しますを選択。

(Chromeの翻訳を利用しているので、多少違和感のある表現が今後も出てきますがご了承ください。)

個人情報入力

身分証明書に準拠

個人情報

必要な情報を入力していきます。英語表記であるがゆえに、慣れない事項が多かったため、この項目をメインに説明していきたいと思います。

個人情報は、下記のような身分証明書(ID)に準拠したものを入力してください。例えばパスポートを利用するならそこに記された名前(英字)、など。

TOEFL受験時の身分証明書の規定については、こちらのリンクから閲覧できます。

受験申込・受験の流れ | TOEFL iBTテストとは | 受験者の方へ | TOEFLテスト日本事務局(CIEE Japan)
TOEFL iBTテストを受験される方に向けて、受験申込・受験の流れのご案内です。

英語表記に注意

住所・郵便番号

注意したい点が、住所電話番号といった項目。当然英語での入力となるため、僕も他のサイトの解説が必要でした。

住所

簡単に言えば、画像のように日本語と順番が逆です。

都道府県や市区町村ごとにガイドラインがある場合もあるので『〇〇(地名) 住所 英語』などでググって調べてから書くのが良いでしょう。

また、郵便番号は『-(ハイフン)』を入力するとエラーになりますのでご注意を。

携帯電話番号
携帯電話番号

電話番号も少し注意が必要です。

携帯電話の場合、最初の1桁(画像参照)を除いて入力します。

それ以降の項目に関しては、他の電話も登録したい場合のみで大丈夫です。

その他の入力事項

追加情報

  • 出生国
  • 母国語
  • 国籍がある国

追加情報としてこれらの入力が必要ですが、日本語に翻訳した状態で閲覧すれば特に迷う内容ではないので説明はこのくらいにします。

検索サービス

 「検索サービス」に参加するかどうかも聞かれます。公式ページによると、以下のようなサービスのようです。

この無料サービスでは、ETSアカウントの条件を使用して、世界中の大学や機関とマッチングできます。プログラム、入学要件、学資援助などの機会に関する情報を受け取ることができます。

https://www.ets.org/jp/toefl/test-takers/ibt/resources

「参加する」を選択した場合、自分のバックグラウンドに関するアンケートに答えることになりますが、本題からそれるのでこの記事では割愛します。

ユーザー名とパスワード

ユーザー名とパスワード

最後に、オリジナルのユーザー名パスワードを設定してください。

「プライバシーポリシー」などに同意して、「次へ」をクリック。

あなたのアカウントが作成されました!

このような画面が表示されれば無事、アカウントが作成されました!

体感時間としてはここで半分といったところ。

コメント