【夏を創ろう】好きな写真を背景イラスト風に加工するレシピ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ランドゥ
ランドゥ

こんにちは。もうすぐ夏がやってきますね。

はやる気持ちを抑えきれないあなた。夏真っ盛りをイメージしたイラストを、かんたんな手順で作ってみませんか。

【夏を描こう】好きな写真を背景イラスト風に加工するレシピ

 この記事のレシピではAdobe Photoshop CCを使用します。Photoshopは世界でもっとも有名な画像編集サイトです。詳しくは下記の公式サイトから(別タブで開きます)。

Adobe Photoshop 公式サイト

まだPhotoshopを持っていない方も、スマホアプリよりもクオリティの高いエフェクトがどんなものか楽しめるので、最後までお付き合いいただけたら嬉しいです。

スポンサーリンク

かんたんなレシピ

ビフォーアフター

今回は北海道倶知安町の風景を使用します。ビフォーはこんな感じです。

ビフォー

そして、アフターがこちら。

Photoshopで作成した倶知安の夏のノスタルジーなイラスト
アフター

それではさっそく、どんな手順で加工したかを解説していきます。

HDR処理

まず、Photoshopで写真を開きます。

Photishopで写真を開いた様子

イメージ ➡ 色調補正 ➡ HDRトーン を選択してこのウィンドウを開きます。初期設定の値はこんな感じですね。

HDRトーン
HDRトーン(初期設定)

これらを次のように変更します。

  • プリセット ➡ カスタム
  • エッジ光彩
    • 半径 ➡ 80px
    • 強さ ➡ 0.50
  • トーンとディテール
    • ガンマ ➡ 0.70
    • 露光量 ➡ +0.70
    • ディテール ➡ -30
  • 詳細
    • シャドウ ➡ -20
    • ハイライト ➡ 0
    • 自然な彩度 ➡ +30
    • 彩度 ➡ +5

たとえば、『エッジ光彩』では境界のコントラストを、『トーンとディテール』では色や階調などの表現を操作できます。

HDRトーン
HDRトーン(変更後)

このように反映させながら変更していくと分かりやすいですね。

あくまでこのような写真の風合いをもとにした感覚の値ですので、ひとまず同じように入力した後、個人的な好みでいじっていただいたほうがいいかと思われます。

HDR処理について詳しく知りたい方は、Adobe公式の解説サイトやこのようなPhotoshopの参考書を見てみるのもいいですね。

『Photoshop CS6 パーフェクトマスター』

『Photoshop 逆引きデザイン事典』

空を切り抜く

より夏らしい空の写真を合成するため、自動選択ツールを使って空の青い部分を切り抜いていきます。

このとき ウィンドウ から レイヤーを開き、背景のロックを外して レイヤー0にしておきましょう。

自動選択ツールを使って空を切り抜く様子

細部もしっかり切り抜きましょう。この写真の場合電線の隙間などが、若干わずらわしかったです。

細部を切り抜く様子

切り抜き完了です。スポット修復ブラシツール で山の形などは修正しました。

切り抜き完了

入道雲を用意

入道雲
ああ、ノスタルジー

夏の空と言えば『入道雲』

ノスタルジーな雰囲気をかもし出すには欠かせない要素ですが、このあと雷がやってくる雲でもあるので、心なしか不穏な光景にも見えます(ひょっとすると、それが良さなのだろうか?)

『写真AC』さんのフリー素材で入道雲を探しました。

写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK
無料写真素材を提供する「写真AC」のフリー写真素材は、個人、商用を問わず無料でお使いいただけます。クレジット表記やリンクは一切不要です。Web、DTP、動画などの写真素材としてお使いください。
写真ACの入道雲の検索結果
写真ACさんでの検索結果

今回の素材のイメージに近い、こちらの雲の画像をお借りして加工します。

入道雲の写真

色調補正 から、次のように値を変更します。

  • 明るさ・コントラスト
    • 明るさ ➡ 50
    • コントラスト ➡ -50
  • カラーバランス
    • シアン/レッド ➡ -100
    • マゼンタ/グリーン ➡ +50
    • イエロー/ブルー ➡ 0

これで、この章のはじめの画像のように加工できました。

合成

雲の 画像を結合 できましたら、あとは先ほど切り抜いた景色の下のレイヤーにコピー&ペーストするだけです。

雲の画像を合成

スケール感などを調整して、このような合成写真が完成します。

倶知安のノスタルジックな夏

ひと手間加える

もうひと手間加えて、よりイラストらしくします。このままでは境界部分に微妙な差異があり、タッチの統一感もいまひとつだからです。

2つの レイヤーを結合 し、フィルターフィルターギャラリー を開きます。

ここでは 塗料 を選択し、以下のように設定しました。

  • ブラシサイズ ➡10
  • シャープ ➡ 5
  • ブラシの種類 ➡ 幅広(ぼかし)

再び スポット修復ブラシツール で不自然な個所を修正して、完成です。

Photoshopで作成した倶知安の夏のノスタルジーなイラスト
できました。

まとめ

ランドゥ
ランドゥ

ここまでお読みいただいてありがとうございました。

このようなレシピで、写真を夏のノスタルジックなイラストへと加工できます。

僕は他にもこのような加工写真をつくっています。

使ったソフト・Photoshop CCはまずは無料体験可能で、学生・教職員・社会人がお得に契約する制度もあります。

詳しくは Adobeの公式サイトまたは、下記の記事をお読みいただくと分かりますよ。

Adobe Photoshop 公式サイト

忙しいあなたにオススメ

 これから忙しくなるあなたにオススメなのは、こちらのオーディオブックAudible。本を『聴く』新習慣は、手がふさがらないだけではなく直接脳に本をインプットすることのメリットもあります。こちらの記事で詳しく説明しております。

(文責・ランドゥ)

コメント